So-net無料ブログ作成

春菊苦味消す方法、栄養、効能はどうなの? [日記]

冬の鍋物に春菊が美味しい時期になりましたね。

そこで苦味が嫌いな人に苦味を取る調理方法を伝えますね。

人によっては苦味が嫌いな人、好きな人に別れています。

鍋物に入れて沢山の人が食べるとなると困ることになるよね。

 

春菊は生でサラダ風にして食べても美味しい。

特に新芽の柔らかい部分は香り成分が多く、

エレガントな香りがするらしい。

 春菊.jpg

●苦味がない調理法がある

苦味成分は茎より葉にあります。しかも加熱すると葉が苦くなるのですね。

そこで茎と葉をまず分けます。

次に調理する時順番として、最初に茎を加熱し、後から葉を加熱します。

 

●葉の加熱時間は

10秒以内なら苦味はありません。ですので10秒以内に皿に取って食べますね。

10秒を超えると苦味が出てきます。

20秒以上だとより苦くなりますが、

この苦味が好きな人は春菊らしさを味わえますね。

 

●春菊の栄養価は

カルシウム

マグネシウム

鉄分

リン

も多く含んでいるので骨を丈夫にする働きも期待できます。

骨粗鬆症の人には良いかもね。


春菊はベーターカロテンを多く含んでいます。

だから免疫機能を高める働きがあるので、

粘膜や髪や視力を強くしてくれます。


ですので肺や喉を守ってくれますので嬉しいですね。


最後まで読んで頂いて有難うございます。

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。